新着情報WHAT'S NEW

アイリスだより2012年11月号

法令ニュース

 

 

 

 

 

 

 

アイリス事件簿(ニュース)!!11月3日祝日家族でUSJに行ってきました。朝7時半に到着したのですが、車がどんどん入って来る状態。開園時間を約1時間早くして開門されたので、朝9時くらいまでは、アトラクションにも乗れる状態でしたが、それ以降は人、人。入場制限がかかる始末。人気ですねUSJは。写真は、イベントはハローウィンなのに、すでに場内に飾られていた巨大クリマスツリーです(角野)。

 

 

今月のトピックス ~「ビックロ」見てきました、コラボの効果は? ~

この前の11月6日火曜日、東京入管への出張の際、少し帰りまで時間があったので、新宿まで足を伸ばし、少しの時間新宿をぶらりと街歩きをしました。その際、たまたま話題の「ビックロ」をみつけ、中に入ってみました。

 この「ビックロ」は、「ユニクロ」と「ビッグカメラ」のコラボ店として、1ヶ月半くらい前に開店したもので、例えば10月30日付のフジサンケイビジネスアイでも「コラボ店 『飽き』と闘う~ 『ビックロ』開店1か月 問われる魅力創り」と題して取り上げられました。

 

 当日は小雨模様の少し肌寒い天候でしたが、そのせいもあったのか、平日ということもあり、お客さんの入りは少ないように感じました。1階、2階などの低層階はどちらかというと「ユニクロ」、上の階ほど「ビックカメラ」という構成で、フロアごとに「ユニクロ」、「ビックカメラ」の店舗の棲み分けがされているのですが、「ユニクロ」のフロアにプラレールが置いてあるなど、コラボレーション店としての特色が出されていました。

 

 個人的な感想としては、「ユニクロ」のフロアは明るく、照明もあでやかなのですが、「ビックカメラ」のフロアは少し暗く、清潔感に欠けている印象がありました。「ユニクロ」としての集客力はおそらくあるでしょうが、それではついでに上層階の「ビックカメラ」に上がって、買い物をするのかというは、少し疑問でした。大阪梅田のヨドバシカメラを見ている者として、この「ビックカメラ」の売り場は魅力に欠けているように思いました。

 

上記のフジサンケイビジネスアイでも最近の主な流通企業のコラボが取り上げられています。2010年のモスバーガーとミスタードーナツの「モスド」、今年2月のカタログ通販のニッセンと藤田観光の「体験型通販ルーム」、今夏の伊勢丹、ルミネの期間限定の企画店舗「ルミタン」など。例えば、ニッセンと藤田観光のコラボは、藤田のホテルの客室にニッセンが扱う家具や雑貨を配置するもの。「共同展開することで新たな買い物の仕方を提案して顧客を呼び込みと同時に、売る側の効率化も図る狙い」(同紙)が、このコラボレーションの目的にあります。が、ローソンとマツモトキヨシが2009年に提携したコンビニとドラッグストアのコラボ店は、思うような成果を上げられていないようです(同紙)。しかし、あの手、この手で商売、ビジネスを考えることは、非常に大事なことです。この「ビックロ」が1年後、2年後どのような結果を出すのか。一つの異業種コラボの命運を握っているとも言えそうですね(角野)。

 

【アイリス一口情報】毎月第1水曜日の15:00~16:00、「契約書・念書・内容証明作成無料相談会」を、当法人ミーティングルームで開催しております。「会社において業務提携契約書、業務譲渡契約書、取引契約書を作成したい」「債務を弁済してもらうための契約書を作成したい」などご相談下さい。

 

アイリス行政書士法人 TEL 06-6889-6018  FAX 06-6889-6048 info@iris-gyosei.com

〒532-0011 大阪市淀川区西中島5丁目13番24号 アンシャンテ新大阪503号 http://www.iris-gyosei.com

pagetop