新着情報WHAT'S NEW

  • HOME >
  • ブログ >
  • ブログ >
  • 読まずに死ねるか?③ J.K.ローリング著「Very Good Lives とても良い人生のために」

読まずに死ねるか?③ J.K.ローリング著「Very Good Lives とても良い人生のために」

ブログ

 IMG20220514215745 (3)

 

 

 

 





 最近もっぱら本は、近くの市民図書館で借りて読むことが多くなっています。やはり蔵書数が、本屋には比べるまでもなく多く、普段出会わない本があるのが図書館です。文庫本を中心にしか本屋では買っていなかったのですが、専門書など簡単に買えないような本も図書館には揃っています。


 こうした中、最近2回借りて読んだのが、J.K.ローリング著「とても良い人生のために」(写真)です。ご存知のようにJ.K.、ローリングは「ハリー・ポッター」の原作者ですが、上の息子が「ハリー・ポッター」の映画にはまっていたことはありますが、私はこの「ハリー・ポッター」の映画を観たことも本を読んだこともありません。

 ただ、この「とても良い人生のために」には、J.K.ローリング氏の人生における教訓が述べられており、大変素晴らしい内容でした。これは、自身も卒業したハーバード大でのある年の卒業式でのスピーチの内容で、「失敗」と「想像力」の2つが人生にとって大切だと述べられています。

 特に「失敗」に関しては、ハーバード大という名門校を卒業したにもかかわらず、離婚し、幼い子どもを抱えてどうやって生きていくかについて迷っていたときに、小説を書くこと以外に「失敗」、すなわち「不必要なものすべてを脱ぎ捨てる」ことができたから、小説を書き成功できたことなどが述べられています。

そして「人生とは、獲得した物や、達成したことのリストではない、と知ることにこそ、その人個人の幸福があるのだと、資格だとか履歴はあなたの人生ではないのです。」と21歳の自分に言いたいと、と述べられています。

 20分もあれば、簡単に読める本です。人生の、生きるためのヒントが詰まった本です。是非ご一読を。
 

pagetop