新着情報WHAT'S NEW

アイリスだより2013年1月号

法令ニュース

 

 

 

 

アイリス事件簿(ニュース)!!今まで初売りセールは行ったことがなかったのですが、2日に百貨店に用事があり、店内を見ているうちに、いつの間にか商品を持って長蛇のレジの列に並んでいました(笑)。不景気やらデフレやらと叫ばれていますが、この日は日本中がその発奮をこぞって起こしているような、初売りパワーをまざまざと感じたお正月でした。(山根)

 

 

今月のトピックス ~ 会社の売り上げをアップする秘訣 ~

 

新年、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。

さて、昨年の政権交代により、アベノノミクスによるデフレ脱却が第1の政権目標として掲げられました。もう何年も日本経済は、このデフレ に悩み、企業、会社の業績も何もせずに放っておけば売り上げが下がるということが続いてきました。 

 

 では、この会社の売り上げは、何で決まるでしょうか?「経営力」「営業力」「人材」…。いえいえそういう難しいことではありません。売り上げ=「客 単価」×「客数」、つまり「客単価」と「客数」で決まるのですね。ということは、売り上げをアップするためには、「客単価」をアップするか、「客数」 をアップするか、そのどちらかしかありません。

 

この点について、12月18日付けフジサンケイビジネスアイ紙掲載、ユナイテッド・アドバイザーズ代表取締役西内孝文氏の「売り上げを伸ばすヒント」という欄のコラムに、非常に興味深い記事が掲載されていました。この氏の記事によると、あるセミナーを主催した会社で集客状況が思わしくなく、このままだと赤字間違いなしという状況で、ある経営者に相談したところ、「価格を上げてみたらどうでしょう」というアドバイスをされたようです。そのアドバイスに従って、最前列の席の価格を上げてみたところ、価格の高い席から券が売れ始めたそうです。

 

売れないから、価格を下げる。この価格競争の考え方が、業界内の企業同士のお互いの首を絞め、薄利多売でしか生き残れなくなる状況を生み出します。しかし、売り上げは、「客単価」×「客数」で決まるわけで、価格競争を続ける限り、売り上げは減少し続け、そのうちに経費削減のため会社内部のリストラを必要とし、会社の存続そのものも危機に陥ります。パナソニック、ソニー、シャープなど日本を代表する家電メーカーが現在直面している危機も、結局はこの構造ですね。

 

しかし、「もの」が売れない時代、つまり客数が増えないこの時代だからこそ、かえって「客単価」つまり、価格を上げる努力をする必要があるのですね。つまり、これはイタリアの経済学者のパレートの法則の考え方にもつながるわけで、80%の売り上げを占める20%の顧客にこそ集中すべきなのです。そういう意味で会社としては、そこでしか買えない「もの」、そこにしかない「サービス」をこそ、生み出し、20%の優良顧客を創出すべきなのでしょうね(角野)。

 

【アイリス一口情報】当法人でミーティングルームにて「熱烈起業家支援無料相談会」「契約書・念書・内容証明作成無料相談会」「相続・遺言・事業承継に関する無料相談会」建設業許可・経審無料相談会」毎週水曜日に行っております。完全予約制です。詳しくは、当法人までお問い合わせください。

 

アイリス行政書士法人

 

 

TEL 06-6889-6018  FAX 06-6889-6048

 

info@iris-gyosei.com 

〒532-0011 大阪市淀川区西中島5丁目13番24号 アンシャンテ新大阪503号 http://www.iris-gyosei.com

pagetop