新着情報WHAT'S NEW

淀川異業種交流会に参加してきました

ブログ

先日1月27日木曜日、大阪商工会議所の新淀川支部の事務局の経営指導員の星野さんという方のご紹介により、「淀川異業種交流会」という少人数の交流会に参加してきました。場所は、やはり地元十三のホテルプラザオーサカの会議室でした。この交流会は、歴史も古いようで、淀川区地元の製造業を中心に、1業種1社というコンセプトで、自己の属する業界の動向などを情報交換することを主な目的としています。現在の代表幹事は、鉛はんだ導線などを製造する株式会社ニホンゲンマの川崎社長で、コーナン建設株式会社、十三信用金庫、富士電波工業株式会社など10数社の社長の参加で行われました。

私角野も、行政書士として起業、開業後、種々様々なセミナー、交流会、名刺交換会に参加してきました。また、自身もこれまで、セミナー、交流会、研究会を主催(主宰)してきており、昨年からは「アイリス倶楽部」という、当法人のお客様企業のビジネスのつながりを目的とした交流会も始動させました。こういったセミナー、交流会、名刺交換会の効用については、確かにその場限りの出会いに終わってしまうことが経験上多いのも事実です。しかし、そのわずか数%かもしれませんが、その後相手先企業のサービスを利用したこともありますし、その交流会で出会った企業を、当方のお客様企業に紹介したりしたこともあります。昨年もたまたまあるセミナーで数年ぶりに再会した企業から新たな受注ををいただき、提携を開始したこともあります。要は、こうしたセミナー、交流会、名刺交換会も、出席する者の心構え次第で、プラスにもなるし、マイナスにもなるということです。行ってみなければ何も始まらないのですね。

というわけで、当法人の「アイリス倶楽部」はもちろんのこと、いろいろな出会いを求めて、どん欲に今年も様々なセミナー、交流会、名刺交換会を主催(主宰)し、また参加していきたいと考えております。

pagetop