新着情報WHAT'S NEW

スマホ・携帯とのつきあい方

ブログ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
マートフォンが普及し始めてもう数年になります。私角野も2台の携帯のうち1台を、2年前の夏にスマートフォンに変え、この夏に2年の契約期間が満了します。

 本日3月9日付けのNIKKEI プラス1でも「携帯・スマホ 心がけたいこと」が特集記事になっており、その1位「電車の優先席周辺では電源を切る」、2位「歩きながら操作しない」、3位「暗いところで見続けない」などが上げられていました。

 私角野もスマホで、FM、音楽のダウンロード、電子書籍などをよく使っており、またニュース、天気予報、辞書などのアプリも役立っています。ただ、電話の受信で取り損ねることが多く、肝心の電話機能がいまいちだとは感じています。そういうわけで、現在も従来型のガラ携も根強い人気なのも肯けます。私角野ももう1台は、ガラ携で、通話とショートメールのみを使っています。

 しかし、私角野も上記の2位「歩きながら操作しない」をやってしまうことがあり、気をつけないと駄目ですね。電車の中では、私も含めて、スマホ、携帯とにらめっこをする人ばかりが増え、「どうしてこの国は『無言社会』となったのか」というタイトルの本も出版されているようで、便利になった分、確実に大切なものも失われているような気がします。

pagetop