新着情報WHAT'S NEW

2010年ヒット商品番付に思う

ブログ

本日日経MJに2010年ヒット商品番付が出ていました。

東の横綱が「スマートフォン」、西の横綱が「羽田空港」で、「ともに人と人とをつなぎ世界への扉を開くツール」であると、分析しています。

そしてデフレ時代を反映する商品として「200円台牛丼」が東の小結、「低価格均一居酒屋」が西の前頭に上がっています。

今日も当法人の顧問先の株式会社KCR総研の金田一社長と話をしていて、「資産デフレは何とか食べていける状態に過ぎず、自分でたこの足を食べているようなものじゃないですか」というふうにおっしゃておられたのが、言い得て妙だと思いました。

デフレ時代を生き抜く商法というのも勿論あるのでしょうが、それも行き過ぎると、経済全体のパイも縮小し、日本全体が縮小するという結果につながるように思います。

ちなみに、私の小学3年生の息子が、毎週日曜日ドラゴンボールの次に必ず見ている「ONE PIECE(ワンピース)」がこのヒット商品に入っているのですね。ちょっと気持ち悪いシーンも多く、私自身内容については、全然知らないのですが、累計2億部というのは驚きです。

pagetop