新着情報WHAT'S NEW

2011年10大ニュースから感じ、考えること

ブログ

 もう今日は12月24日クリスマスイブで、今年もあと1週間となりました。新聞紙面には、2011年今年の10大ニュースが発表されており、共同通信社、全国の加盟新聞社、民放契約社の編集・論説担当者が選んだ国内ニュースの1位にはやはり東日本大震災、福島原発事故で、続いて2位野田内閣誕生、3位なでしこジャパン、国際ニュースの1位には、欧州財政危機、2位中東民主化リビアカダフィ大佐死亡、3位米特殊部隊ビンラディン殺害で、先日の金正日(キム・ジョンイル)死去が番外で入っています。

 

 それ以外にも、大阪ダブル選橋本氏完勝(国内8位)、ジョブズ氏死去(国際8位)など、今年のこの「角野のひとり言」で取り上げた話題が入っております(サンケイエクスプレス、12月24日付)

 こうして改めて10大ニュースを眺めてみると、今年1年は特に国内は、東日本大震災、原発事故に始まり、終わったという感じで、特に震災後の復興や、原発事故の気の遠くなるような事故処理など、まだまだこのニュースは今年で終わりというわけではなく、今こうして生きている一人一人が、責任を持ってどう関わっていくのかということが突きつけられているように考えます。

 また上記国内8位の大阪ダブル選橋本氏完勝は、その後橋本新市長、維新の会の動きがかなりのスピードで出てきているようで、早速今日の新聞報道でも、大阪市営地下鉄の値下げ3案などが出てきており(朝日、日経、サンケイエクスプレス12月24日付)、その行動力、実行力は、大阪府知事時代にも増して期待したいところです。

 確かに、大阪市営地下鉄は、初乗りが「200円」でちょっと高いけど、それが当たり前だと思っていたのです。しかし、先日東京地下鉄に乗ると初乗りは「160円」。大阪よりも東京の方が物価が高いという先入観があったにも関わらず、その料金差には何ら個人的には疑問を持っていなかったのですが、確かに言われてみれば大阪の地下鉄料金は高い。また、同じ関西の阪神、阪急、JRなども初乗りは「200円」よりも安い。橋本新市長の効果が、こんなに早く目に見える形で実現されるということなのですね。驚きです。御堂筋線、谷町線を通勤で使い、日常のビジネスでの移動もかなりの割合を大阪市営地下鉄を使っている私としては、値下げが実現されると、こんなにありがたいことはないです。まさに民間の感覚、お客さん目線の立場です。

 2011年の10大ニュースを眺め、皆さんはこの1年をどう振り返り、来たる2012年にどう行動していきますか? 
 
 

pagetop