新着情報WHAT'S NEW

角野、アイリスがお世話になった方が逝きました

ブログ

スティーブ・ジョブズ氏が56歳で亡くなった10月6日、私角野、当法人が大変お世話になっていた人材ビジネスフォーラムの社長東田康之さんが先月22日に60歳でお亡くなりであったことを知り、昨日東田さんのご自宅に弔問、ご挨拶に行って参りました。

 

 東田さんとは、私が2000年頃、四季の会という人材派遣会社の交流会で、当時リクルートスタッフィングという派遣会社の取締役、支店長であった東田さんと名刺交換をしたのがきっかけで、2003年に人材ビジネス研究会の「派遣法改正」セミナーで今後の派遣業界の動向に関する講演をしてもらい、その後も人材ビジネス研究会の会合にも出席していただいたり、大変お世話になりました。
 
 リクルートのご出身、派遣法施行当時から派遣業界を知っておられる業界の草分け的な方で、派遣業界では知る人ぞ知る方で、その後2002年に独立「株式会社人材ビジネスフォーラム」を設立、派遣業界向けの人材紹介業という、きわめて特化した業態で活躍されてきた方です。当方の顧問先の派遣会社にも、営業部長を紹介していただいたこともあります。
 
 昨年7月にも当方の「アイリス倶楽部」の集まりにもご参加いただいたのですが、その後秋頃「角野さん、新大阪あたりで一杯飲みませんか。」というお誘いのメールをいただいていたのですが、行けずじまい。
 
 2年前に東田さんの事務所に打ち合わせに行ったときも、別室でビル・エバンスの「ワルツ・フォーデビー」を聴かせてもらったことがあり、今年1月の「アイリスだより」を送った際ののメールで、私が中古ジャズレコードが安くなっているという話題を書いたら、「 中古ジャズ盤がそんなに安くなっていましたか、、、。提案ですが、お気に入りのレコードをお持ちになってわが事務所におこしになりませんか。イタリアのスピーカーsonus faber エリプサをLUXMAN真空管アンプとモノーラル専用MCカートリッジでお聴きになりませんか?最近ヒマしておりますのでご遠慮なくどうぞ。」というメール。この時には、昨年11月にジョブズと同じ膵臓ガンが発覚し、手術もできない状態であったので、自宅に戻っていたようなのです。
 
 人生に「もしあのときこうしておけば」ということはないのですが、お誘いに応じて訪ねておれば、という悔いが残ります。人生で何が大切かを改めて考えました。奥様も、東田さんが亡くなったという実感がなく、今にも東京出張から帰ってくるのではないか位の感覚とおっしゃっておられました。
 
 東田さんは、私の10歳先輩で、派遣業界や人材ビジネスのことについて本当にいろいろなことを教えていただき、また共に独立して事業を行う立場で「角野さん、儲かってる?」ということが言える間柄でしたので、本当に惜しいです。
 謹んでご冥福をお祈りいたします。
 

pagetop