サービス一覧SERVICE

  • HOME >
  • サービス一覧 >
  • 大切な書類作成サポート >
  • 知的資産経営報告書作成手続き

知的資産経営報告書作成手続き

知的資産経営報告書作成手続きとは

あなたの会社の経営上の強みは何でしょうか?「そんなもの考えたことがないわ」「日々の売り上げを上げるのが精一杯や」という声が聞こえてきそうです。
確かに、会社を普通に経営していれば、毎年税理士さんが決算書を作ってくれるので、会社の強みは数字に表れていると言えますので、日々の忙しい会社経営の中では、いちいち立ち止まって「会社の経営上の強み」を考えている余裕がないというのが、実情だと思います。
しかし、実はあなたの会社には、何となく頭の中ではわかっているが、隠れている「経営上の強み」があるのです。それは、「知的資産」なのです。
「うちには、そんな知的資産なんてないで。特許とか、実用新案とか、たいそうなもんなんやろ」。いえいえ、そうではありません。
「知的資産」とは「数字では表しにくい経営資産の総称のことで、人材、経営理念、技術などのことで、目に見えにくい企業の持つ本当の価値、強み、源泉のことなのです。
「あ、それやったら、うちの会社にもあるで。そうそう、うちの社員は自分で考えて動きよるし、頼りになる協力会社もあるし、それより何より社長のわしが、いつも時代の流れを読みながら、新商品の開発もしてきたからな。」
そうなんです。実は、「知的資産」は、すでに顧客があり、売り上げを上げているどんな企業にもあるのです。
アイリスでは、この「知的資産」を文書にまとめた「知的資産報告書」という文書をあなたの会社と相談をしながら、会社経営に忙しいあなた代わって作成するお手伝いをします。

知的資産報告書とは

知的資産報告書は、Ⅰ全体像①社長挨拶②経営哲学③事業概要④市場環境、Ⅱストーリー①過去~現在(これまでの事業展開)②自社の強み③現在~未来(これからの事業展開)、経営方針、ビジョン、経営戦略、事業計画、実行計画 Ⅲ会社案内 Ⅳ あとがき①報告書の説明②注意事項③問い合わせ先等からなる、報告書です。

知的報告書作成のメリット

これは、様々なメリットがありますが、以下のようなところです。

  • 経営の方向性、将来ビジョンの明確化
  • 経営課題の洗い出し及びリスク回避策定
  • 従業員のモチベーション向上
  • マスコミで取り上げられる等知名度の向上
  • 対外的な信用力アップ
  • 同業者以外との接点増加
  • 上場企業からのアプローチ
  • 取引金融機関から融資枠の拡大
  • 優秀な人材の確保

ワンポイントアドバイス

少子高齢化が進む日本。デフレで物の値段の下げが止まらない。しかも、グローバル競争で、コストの安い新興国の台頭など、日本の企業を取り巻く経営環境はますます厳しく成っています。数字では、計れないあなたの会社の強み、企業としての源泉を掘り起こし、あなたの会社が持っている本来のパワーを発揮し、増収増益を実現する。それが、「知的資産」経営であり、「知的資産報告書」なのです。「知的資産報告書」を作りたい!作成したい!そんなときは、是非アイリスにご相談下さい。

pagetop