サービス一覧SERVICE

  • HOME >
  • サービス一覧 >
  • 事業に必要な許認可取得サポート >
  • 有料職業紹介事業許可申請手続き

有料職業紹介事業許可申請手続き

有料職業(人材)紹介事業許可申請手続きとは

貴社が、ある人を紹介してある会社に雇用させ、紹介した会社から紹介料金を頂くビジネス、商売を始めたいと考えた場合、有料職業紹介業の許可を得る必要があります。

有料職業紹介事業とは

有料職業紹介事業とは、①求人及び②求職の申込みを受け、求人者と求職者との間における③雇用関係の成立を④斡旋することを業とすることをいいます。

用語の意味

  1. 求人:報酬を支払って自己のために他人の労働力の提供を求めること。
  2. 求職:報酬を得るために自己の労働力を提供して職業に就こうとすること。
  3. 雇用関係:報酬を支払って労働力を利用する使用者と、労働職を提供する労働者間の使用・従属の法律関係。
  4. 斡旋(あっせん):求人者と求職者の間をとりもって、雇用関係が円滑に成立するように、第3者として世話をすること。

民営職業紹介事業の種類

1)有料職業紹介事業
有料職業紹介事業とは、職業紹介に関し手数料または報酬を受けて行う職業紹介をいいます。厚生労働大臣の許可が必要です。

2)無料職業紹介事業
無料職業紹介事業とは、職業紹介に関し、いかなる名義でも手数料または報酬を受けずに行う職業紹介をいいます。厚生労働大臣に届出なければなりません。

許可申請手続き

有料職業紹介事業許可申請手続きについて、説明いたします。

1)まず、貴社の方で次の物をご用意下さい。

  1. 定款
  2. 登記簿謄本
  3. 役員全員の住民票の写し(本籍地の入らないもの)
  4. 役員全員の履歴書
  5. 直近の法人税の納税申告書(別表1及び4)の写し
  6. 貸借対照表及び損益計算書の写し
  7. 直近の法人税納税証明書(その2所得金額)
  8. 紹介責任者の住民票(本籍地の入らないもの)
  9. 紹介責任者の履歴書
  10. 事業所の賃貸借契約書の写し
  11. 紹介責任者講習会の受講証の写し
  12. 事務所レイアウト図

※上記書類の中には当事務所でご用意できるものもあります。

2)その上で、次のようなスケジュールで手続きは進みます。

temporary_flow_02

※その他、細かい内容については、手続きご依頼後の打ち合わせにて、ご説明致します(この業務は現在提携する社会保険労務士と共に行っております)。

ワンポイントアドバイス

有料職業(人材)紹介事業は、理容師、美容師の紹介、ヘッドハンティングなどの業界から出発しており、同じ人材ビジネスである人材派遣業とは異なる流れを くむビジネス、商売です。いわば結婚の仲人さんのような世話的な立ち回りをするのがこのビジネスであり、以前お手伝いしていた紹介業の女性社長も一人の人 の紹介のために大阪から北海道まで飛び回ることをお聞きしていました。しかし、1999年の派遣法の改正により、いわゆる紹介予定派遣が認められ、派遣業 界と紹介業界は、接近を見たわけです。 ただ、派遣ビジネスがいわば固定料金の見込みが立つのに対し、紹介ビジネスは、案件ごとのリセットであり、このビジネスの経営、運営は経営手腕が問われる と考えます。

報酬・費用について

  • 手続き
    有料職業紹介事業許可申請
    費用
    収入印紙5万円(申請時)
    9万円(登録免許税)
    その他謄本取得費用1万円
    報酬
    当法人報酬15万円
    (税別)~
    総額
    30万円(税別)~
  • 手続き
    有料職業紹介事業許可更新
    費用
    収入印紙 1.8万円
    (1事業所ごと)
    報酬
    当法人報酬12万円
    (税別)~
    総額
    13.8万円(税別)~

pagetop