新着情報WHAT'S NEW

アイリスだより2012年5月号

法令ニュース

 

 

アイリス事件簿(ニュース)!! すっかりGW気分も抜けきりましたね。そのGWに奈良の三輪山に登って参りました。友達曰く、テレビでパワースポットとして紹介されていたとか。三輪山そのものが神体ゆえに何人か裸足の方を見かけました。神社では就職守が売っており、時代と共にお守りのあり方も変わっていくのですね。ちなみに購入はしておりません()。(山根)

 

 

今月のトピックス ~経営改革のポイントは「らしさ」=独自性への原点に立ち返ること ~


先日4月12日慶應義塾大学の講座を受けてきました。と言っても、大阪商工会議所がサテライトで行っている「大商夕学講座」というもので、大画面の映像を見ながら、夕方6時半から8時半まで、大阪商工会議所のセミナールームで受講するという形です。この日の1回目の講師は、日本マクドナルドホールディングス社長の原田泳幸氏で、テーマは「マクドナルドの経営改革」。2004年アップルコンピュター日本法人社長から、マクドナルドの経営再建のために「マックからマックへ」と言われる日本マクドナルド社長への就任、V字回復と8年連続増収増益を果たしたトップの講演、大阪のサテライト会場も熱気がありました。

 

 講演の内容は、企業の経営を行う上で、たくさんの気づき、ヒントの詰まった内容でした。まず、印象に残ったのは、経営改革においてはその企業の「らしさ」=独自性に立ち返るという点でした。危機に直面すると、企業は何か目新しいものをする必要があるように考えがちですが、そうではなくそういうときこそ「基本」に立ち返ることの重要性を、氏は強調されていました。つまり、どんな会社にも「強み」があり、その「強み」に目を向けること。弱点をリカバーしようとしないということです。

 

 また、このデフレ不況時にマクドナルドでは、逆に価格を上げているのです。これは、驚きでした。手前味噌で恐縮ですが、当法人が属する士業、行政書士業界も、いろいろな意味で価格競争が激しく、10年前の報酬が、現在ではそのまま維持できなくなり、価格下落が続いています。ところが、あのマクドナルドが実は、価格を上げていたのですね。そのヒントは、氏は「顧客価値」を上げることだと述べられていました。つまり、これは、「顧客に期待以上のものを提供し、感動させ、お得感、納得感」を与えることだと述べられていました。そして、価格競争に巻き込まれ、価格下落することを、「デフレ」という外部要因のせいにしない、ということですね。また、この価格アップを行う際に重要なことは、「コミュニーケーション」だと述べておられました。つまり、なぜ価格を上げるのという点を、十分にお客様に説明するということですね。

 

 また、経営者としては、「自信」を見せること、「ウソのことも本当だと思わせること」つまり「言ってのける」ことの重要性、そしてその際「成功するまでやる、執念を持ってやる」ということだと述べられていました。その他「経営者の仕事は、有限の経営資源の組み替え、配分替えであり、投資を伴う改革が必要」「ビジネスは常に矛盾するものの追求で、2者2択」「ビジネスはスピード、走りながら考える」「女性の活用」「think global act local」「戦略的閉店」など、皆様の経営にも生かしてみては、いかがでしょうか(角野)。

 


【アイリス一口情報】当法人が支援機関として参画する「イノベーションズアイ」では、621日(木)大阪にて「新聞社が教えるプレスリリースの書き方、120秒プレゼン大会」を開催します。当法人角野もこのプレゼン大会の審査員を昨年に引き続き務めます。ご参加ご希望の方、詳細当法人までお問い合わせを!


アイリス行政書士法人 TEL 06-6889-6018  FAX 06-6889-6048 info@iris-gyosei.com

 

 

 

〒532-0011 大阪市淀川区西中島5丁目13番24号 アンシャンテ新大阪503号 http://www.iris-gyosei.com


pagetop