新着情報WHAT'S NEW

東京出張で感じ、考えたことなど

ブログ

先日7日、久しぶりに東京出張に行ってきました。銀座の公証役場、他役所と、当法人が支援機関として参加するイノベーションズアイのアワード2011の決戦大会の審査員として参加するためです。


朝8時過ぎの新幹線で、帰りは新大阪着10時半、家に着いたのが11時半の日帰りで、さすがに帰りの新幹線2時間半は疲れましたが、やはりたまに東京に行くと大阪とは違う街並み、人で、新鮮な気分を味わいました。

まず、品川から有楽町まで山手線の内回りに乗ったのですが、そのJRの車両が、今をときめくAKB48のメンバーが車両全部の壁、吊り広告に一人一人紹介されている全面広告で、「やっぱり、東京は違うなー」と心の中で思いながら、電車に乗っていました。お上りさん状態です。

また、イノベーションズアイ アワード2011の交流会では、フジサンケイビジネスアイの編集部の方との会話で、先頃の大阪府知事、大阪市長選の話題になり、「やっぱり大阪の人は判官贔屓なところがるのですかね」という質問があり、一部週刊誌が行った橋本次期市長に対する橋本バッシングが、かえって大阪の人達の気持ちを橋本、維新支持に固めたのではないか、などと政治談義などもしてきました。「石原知事が、最終日に応援に行ったのを、大阪の人としてどう思いますか」という質問もあり、「バッシングに怒っているという石原知事の気持ちは、その他の政治信条は抜きにしてよくわかかりましたよ。」と返しました。

大阪にいる私などからすると、東京のマーケットの大きさに魅力は感じるのですが、この交流会で別の税理士の方も、「マーケットは大きいですが、競争も激しい」とのお話も聞け、たまにこうして東京にいる方とお話をすると、違う視点に気づかされるものですね。つい私も大阪の人間として、東京に対するライバル心みたいなものを持ってしまうのですが、東京は東京で抱える問題もあり、所が変われば全てうまくいくなどというなどといううまい話はないのでょうね。日本を元気に、活性化するためには、まずはやはり自分の足下、自分の影響力の及ぼせる仕事や人を通じて、やっていくということが大事なのでしょうね。

ちなみに、昼ご飯ををどこで食べようかと、神保町の歩道を歩きながら、どこがおいしそうかなと、何件か店先で迷っていたのですが、ある中華料理屋に入ろうかどうしようかと、迷っていたところ、地元のサラリーマンやOLの人達に次々と先に入られてしまい、一挙にその店に行列が出来ていました。 たぶんおいしい店だったのでしょうね。でも私は、「あ。やっぱり東京人は、店の前に並ぶんや~。大阪人は並ばへんねんで~。」と負け惜しみたっぷりで、少し先の別の鹿児島黒豚トンカツを出す、定食屋に入りました。そこがジャズが流れるおしゃれな店で、「あ、やっぱり東京は違うな。」とやはりお上りさんでした。

pagetop